スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
からくさ図書館来客簿[第二集] /仲町六絵
お嫁さん常務です。
おばんです。

※ネタバレ注意

karakusa2.jpg

からくさ図書館来客簿[第二集]
~冥官・小野篁と陽春の道なしたち~
仲町六絵
メディアワークス文庫

先日読んだからくさ図書館来客簿~冥官・小野篁と優しい道なしたち~の第二集が発売されて、さっそく買って読みました。

リボンと人力車
小猿の宝物
瑞垣
鳥めずる若君

の四話が収録されていました。
どの話も良いのですが、私は「小猿の宝物」と「鳥めずる若君」が好きです。

小猿の宝物はお香にまつわるお話で、小猿は道なしなんです。
この小猿は天下人、織田信長に仕えた小姓でお香を聞く力に長けていたのだそうです。
老舗の香木店の娘の曜子は色々な事情から匂いが分からないのですが、その曜子に小猿はつきまとう。
お香を「聞く」というのは初耳で全然知らなかったので、どこかでお香の聞く機会があったら
「お香は聞くものですよね」
と知ったかぶりしてみよう。

鳥めずる若君は、最後は本当に感動したな。
現代の鳥類学者と、古から鳥を観察してきた道なしが交わる話。
鴨川にユリカモメが来る理由を現代の鳥類学者は考えているのだが、なかなかわからない。
そこで古から鳥を観察してきた道なしに出会い色々と話をする。
冥官の篁が古から鳥を観察してきた道なしを天道に送る時、ちょっと心がほっこりしました。
私は鳥ってあまり好きじゃなくて、むしろ嫌いな方です。
目がね、目が怖いんです。
でもユリカモメ、ちょっと見てみたいかなって。
東京にもモノレールのユリカモメ走っているし、ちょっとなじみの深い鳥の名前だったので。

まだ第二集が出て間もないですが、第三集が早く読みたい!
篁と時子の関係も気になるし、時子の力が増していくのも期待しているので。



ブログランキングに参加中です。
本、面白そうだなって思ったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[2014/09/24 18:20] 小説 | コメント(0) | @
<<ぐるんぱのようちえん/西内ミナミ | ホーム | からくさ図書館来客簿~冥官・小野篁と優しい道なしたち~/仲町六絵>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。