スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
Nのために/湊かなえ
お嫁さん常務です。
おばんです

※ネタバレ注意

20141115025139598.jpg

Nのために
湊かなえ
双葉文庫

湊かなえさんの作品は好きでだいたい読んでいます。
Nのためにはテレビでドラマになると決まって書店にたくさん並んでいたので読んでみようと手に取りました。
今はドラマも放送中なのでドラマも見ています。

私はどちらかというと原作の方が好き。
ドラマになると原作にない部分があったり、面白おかしくなるように作りが変わるのですよね。
それはそれで面白いし、セカンドストリーだなぁと思いながら見ています。

第一章は四人の「N」、西崎さん、杉下希美、安藤望、成瀬慎二の証言になっています。
東京のとあるマンションで金持ちの夫婦が殺されその場に居合わせた四人。
みんな自分の「N」を守るための証言だったのです。

成瀬君以外の3人は「野バラ荘」というオンボロアパートの住人。
台風の日に仲良くなった。
希美と成瀬君は同じ島の出身でつながっている。

もともとは野バラ荘界隈が開発されるという案があって不動産屋が野バラ荘を狙っていて、それを知った3人が野バラ荘を守るために奔走する話なのです。
そして出逢った金持ち夫婦。
それがどういったわけか、夫婦は殺されてしまうのです。

私は西崎さんが好きだな。
彼は大学の法学部に身を置いているのですが、小説家になりたくて日々部屋にこもり物語を書いているのです。
彼の書いた「灼熱バード」という物語は切ないはなしだったな。
彼は幼いころ母親に虐待されていて、それがもとになっている物語なんですよね。
原作の西崎さんはものすごく儚い雰囲気の人。
その儚げな感じが母性本能をくすぐるんだよな。
殺された夫婦の妻の奈央子と西崎さんは出会ってしまう。
奈央子は夫に暴力を振るわれているけど、夫の事を愛しているのです。
それが子供の頃の西崎さんと重なって、西崎さんは奈央子を守りたいと思ったのです。

希美は父親が愛人と一緒に暮らしたいからと言って母親と弟と一緒に家を追い出された。
そのエピソードの時(ドラマでも)えー!身勝手な父親!と心の底から思いましたよ。
可哀そうだとは思うけど、母親に原因があってちょっと納得。
おかげで希美はものすごい野心家に育つのです。
野望をノートに書いたり話したりしてどんどん叶えていく姿がたくましいな。
私は希美は好きじゃない。
嫌いとは言わないけど、好きじゃない。
ねっちこい女だから。

でも希美が思う究極の愛が「罪の共有」って言うのは共感できる。
かばうとか身代わりになるとかではなく、共有。
すごく難しいけどね、どうしたら共有になるのか分からないけど。
希美が成瀬君と共有した罪は重いけど、半分にすることで二人とも生きてるんだなって思いました。

読んでいくうちに4人の人生がすんなり自分の中に入ってきて、私も野バラ荘に住んでいたのかと思った(笑)
台風の日に安藤の部屋に避難して、西崎さんと希美と安藤と一緒にお酒飲んじゃったりしてるのかと。

ドラマでは駐在さんが奥さんのために事件を嗅ぎまわっているのですが、その代わりに私はその一人一人の告白を聞いている係りなのかと思って読みました。



ブログランキングに参加中です。
本、面白そうだなって思ったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[2014/11/15 03:44] ミステリー小説 | コメント(0) | @
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。