スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
Nのために/湊かなえ
お嫁さん常務です。
おばんです

※ネタバレ注意

20141115025139598.jpg

Nのために
湊かなえ
双葉文庫

湊かなえさんの作品は好きでだいたい読んでいます。
Nのためにはテレビでドラマになると決まって書店にたくさん並んでいたので読んでみようと手に取りました。
今はドラマも放送中なのでドラマも見ています。

私はどちらかというと原作の方が好き。
ドラマになると原作にない部分があったり、面白おかしくなるように作りが変わるのですよね。
それはそれで面白いし、セカンドストリーだなぁと思いながら見ています。

第一章は四人の「N」、西崎さん、杉下希美、安藤望、成瀬慎二の証言になっています。
東京のとあるマンションで金持ちの夫婦が殺されその場に居合わせた四人。
みんな自分の「N」を守るための証言だったのです。

成瀬君以外の3人は「野バラ荘」というオンボロアパートの住人。
台風の日に仲良くなった。
希美と成瀬君は同じ島の出身でつながっている。

もともとは野バラ荘界隈が開発されるという案があって不動産屋が野バラ荘を狙っていて、それを知った3人が野バラ荘を守るために奔走する話なのです。
そして出逢った金持ち夫婦。
それがどういったわけか、夫婦は殺されてしまうのです。

私は西崎さんが好きだな。
彼は大学の法学部に身を置いているのですが、小説家になりたくて日々部屋にこもり物語を書いているのです。
彼の書いた「灼熱バード」という物語は切ないはなしだったな。
彼は幼いころ母親に虐待されていて、それがもとになっている物語なんですよね。
原作の西崎さんはものすごく儚い雰囲気の人。
その儚げな感じが母性本能をくすぐるんだよな。
殺された夫婦の妻の奈央子と西崎さんは出会ってしまう。
奈央子は夫に暴力を振るわれているけど、夫の事を愛しているのです。
それが子供の頃の西崎さんと重なって、西崎さんは奈央子を守りたいと思ったのです。

希美は父親が愛人と一緒に暮らしたいからと言って母親と弟と一緒に家を追い出された。
そのエピソードの時(ドラマでも)えー!身勝手な父親!と心の底から思いましたよ。
可哀そうだとは思うけど、母親に原因があってちょっと納得。
おかげで希美はものすごい野心家に育つのです。
野望をノートに書いたり話したりしてどんどん叶えていく姿がたくましいな。
私は希美は好きじゃない。
嫌いとは言わないけど、好きじゃない。
ねっちこい女だから。

でも希美が思う究極の愛が「罪の共有」って言うのは共感できる。
かばうとか身代わりになるとかではなく、共有。
すごく難しいけどね、どうしたら共有になるのか分からないけど。
希美が成瀬君と共有した罪は重いけど、半分にすることで二人とも生きてるんだなって思いました。

読んでいくうちに4人の人生がすんなり自分の中に入ってきて、私も野バラ荘に住んでいたのかと思った(笑)
台風の日に安藤の部屋に避難して、西崎さんと希美と安藤と一緒にお酒飲んじゃったりしてるのかと。

ドラマでは駐在さんが奥さんのために事件を嗅ぎまわっているのですが、その代わりに私はその一人一人の告白を聞いている係りなのかと思って読みました。



ブログランキングに参加中です。
本、面白そうだなって思ったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[2014/11/15 03:44] ミステリー小説 | コメント(0) | @
ホームドラマ/新堂冬樹
お嫁さん常務です。
おはようございます

※ネタバレ注意

20141108093325430.jpg

ホームドラマ
新堂冬樹
河出文庫

新堂冬樹さんの本って初めて読んだのですが、最初から面白いと思う本に出逢えて良かった~!
実は他の人が書いているこの本を読んだレビューを見たら無性に読みたくて読みたくて。
レビューを読み終わってからすぐ本屋さんへ走りました。

「団欒」 「賢母」 「邪」 「嫉」 の四編が収録されています。

「団欒」
「この家の家族団欒と平和のカギは僕が握っている」
そう思っている男は今日も裏の顔を隠して暮らす。
この男、私、知ってる!
知っている人が出ている!
とつい興奮して読んでしまいました。
他の登場人物や家族構成でピンと来ました。
この人、こんなこと思って暮らしてそうだな~って妙に納得。

「賢母」
こちらも私の知っているあの人が物語の主人公になっていました。
「団欒」出てくる男とこの人、なんてストレスにまみれた生活をしているのだろうとにわかに可哀そうになるが…
この人だっていつもすました顔して家族のために働いているけど、旦那の事あんな風に思っているのかと思ったら、旦那がちょっと可哀そうかな。
旦那だって好きであんな容姿になったわけではないとは思うの。
でもこっちの物語はちょっとリアリティーにかける気がします。
他の人のレビューでも言っていたけど、この人、家族に内緒で家を抜け出したりできないもの。

「邪」
先の2編とは全く関係のない話で、上司にいつも怒られて、妻や子供に虐げられているサラリーマンのお父さんのお話。
お父さん、家族のために会社のために一生懸命働いているだけにちょっとかわいそうだなぁと思ってしまいました。
屋上から飛び降りようとしている自殺志願者を見かけ、その野次馬の一人になってしまったお父さん。
目が離せなくなって会社の打ち合わせの約束をブッチしそうになっている。
その自殺志願者もサラリーマン。
きっと、お父さんは自殺志願者の彼に感情移入してしまったのかもしれません。

「嫉」
江川啓輔さんはは純粋に奥さんを愛していたのだろうな、周りを見わたせなくなるくらい。
皆が求める自分を演じて生きていくのって疲れますよね。
私なんかは家庭では色んなことをさらけ出しているので何も窮屈な思いもしていませんが、外ではある程度自分が作った自分を演じています。
家族で商売やっているっていうのも大きく関係してるし、やっぱり協調性というか常識的なという部分は捨てきれません。
江川啓輔さんは娘の家庭教師できた若い男と妻との関係で嫉妬し家庭教師をねたみます。
そして、自分も知らなかった一面というか、裏の顔が浮き彫りになってきてとんでもない結末を迎えることになるのです。
読み終わってものすごく嫌な気持ちになる「イヤミス」だと、私は思います。

日常の裏の部分が垣間見える一冊でした。
読み終わって、もっと外の世界ではうまくやらないといけないんだなーとか人のふり見てわがふり直せじゃないけど、ちょっと考えちゃったな。



ブログランキングに参加中です。
本、面白そうだなって思ったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
[2014/11/11 11:59] 小説 | コメント(0) | @
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。