スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
長い腕/川崎草志
お嫁さん常務です。
おばんです

※ネタバレ注意

nagaiude.jpg
長い腕
川崎草志
角川文庫

先日行った馴染みの本屋さんの新刊コーナーに「弔い花」という本が売っていて気になって裏表紙を見てみたらシリーズ化してる!
三部作になっていて、第一作目がこの「長い腕」

表紙の絵の通り、「歪み」が関係している内容でした。
家の歪み、人の歪み、歪みって恐ろしいな!と思いました。。

主人公の島汐路(しま しおじ)が勤める会社の同僚が転落死。
故郷の中学で女学生が同級生を猟銃で射殺など衝撃的な出来事が起こる。
その謎を追い故郷に帰った彼女は事件について調べていきます。

汐路は東京のゲーム会社で働いていて、私の心象ではすごくクールでサバサバした女子って感じがします。
会社というコミュニティに属しているにもかかわらず、誰にとらわれることなくひょうひょうと生きているイメージ。
性格がキツくてどこかとっつきにくいというか。
でも私、こういう子と友だちになりたいなぁ~。
女子って付き合いとか面倒くさいけど、汐路とだったら価値観が合うかもしれない。

そんな汐路が今回の事件の真相を追う中で(多分)唯一心を許したのは同僚の石丸圭一。
この石丸さんって人がまた、柔和な雰囲気の人なイメージなんですよね。
イケメンだけど無頓着。
会社の女子の熱い視線を浴びている石丸さん。

この二人の関係も読みどころです。

(もちろん架空の人物ですが)江戸時代の凄腕の大工が出て来て、建築に関する表記も少し出てきます。
私の仕事柄、「あるある」「そうそう」と建築あるあるみたいな感覚で読めた箇所もあり、面白かったです。
私の旦那さんは工務店をやっていて、私も一緒にお仕事をしているんです。

この江戸時代の凄腕の大工「敬次郎」と「ケイジロウ」を名乗る謎の人物、そして汐路の故郷の女学生と敬次郎の作の歪んだ家とがつながって事件が紐解かれていきます。

この小説がドラマ化するなら、石丸さんは西島秀俊さんがいいな。




ブログランキングに参加中です。
本、面白そうだなって思ったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[2014/09/29 23:59] ミステリー小説 | コメント(0) | @
怪談えほん いるのいないの/京極夏彦
お嫁さん常務です。
おばんです

※ネタバレ注意

irunoinaino.jpg

怪談えほん いるのいないの
京極夏彦 作
町田尚子 絵
東 雅夫 編
岩崎書店

京極夏彦さんが絵本!
しかも絵が怖い。
まぁちゃんの学校で面談があった時、待ち時間に読めるようにと担任の先生が廊下に出していてくださった本でした。
京極夏彦さんの文とあって興味深々で読みました!


ぼくがおばあちゃんの家で暮らすことになった、というところから始まる。
おばあちゃんの家は茅葺きの昔の家。梁がむき出しで天井が高い。

怖いなー、そういう昔の家って。
家の中は昼でも暗いし、夜中のトイレなんてとんでもない!
丑三つ時は絶対に何かでますよね。

読んでいて思い出したんですが、私が幼稚園の頃に「キョンシー」が流行っていたんですよね。
父にキョンシーの本を買ってもらい二階の部屋で眠る前に読んでもらっっているときに階段を上る足音が聞こえてきて。
絶対キョンシーに見つかった!って息を止めて布団の中で静かに隠れたっけ。
足音の正体は、ひいおばあちゃんで、私がちゃんと寝ているか見に来ただけでした。
幼稚園の頃は祖父母と一緒に住んでいて、祖父母がとある大学のセミナーハウス(合宿所)の管理職員をしていたのでその建物に住んでいたのです。
周りは山に囲まれた温泉地で夜になるとひっそりしちゃって、とっても怖かったんですよね。
夜中にトイレとか一人では行けませんでしたよ。

絵本の話からちょっと逸れちゃったけど…

京極夏彦さんが絵本をなんて意外でしたけど、町田尚子さんの絵も妙にリアルで怖さをかき立てていました。
文はすごくシンプルなんですけどね、一言一言が恐怖に向かっていく感じでした。

読み終わったら心臓バクバク!
あー、怖かったー





ブログランキングに参加中です。
本、面白そうだなって思ったらポチっとお願いします☆
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
[2014/09/29 02:13] 絵本 | コメント(0) | @
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。